このページのコンテンツ

 骨髄バンクとは

骨髄バンクとは、公益財団法人日本骨髄バンクが主体になり、骨髄移植を必要としている血液難病の患者さんと、 患者さんのために骨髄を提供したいという尊い志のある人との橋渡し役を担う組織的な活動のことです。

骨髄バンクの活動は、厚生労働省、日本赤十字社、都道府県、医療機関、ボランティア組織などの多くの関係機関の連携で成り立っています。

 なぜ骨髄バンクが必要なのか

わが国では、白血病、再生不良性貧血などの血液難病が、毎年約6,000人もの人に発症しています。

以前は有効な治療法がなく不治の病とされていましたが、骨髄移植という新しい治療法によって治癒が見込めるようになりました。 しかし、この骨髄移植を成功させるためには、患者さんは、自分と同じ白血球の型(HLA型)の人から骨髄液を提供していただかなければなりません。

このHLA型が一致する確率は、同じ両親から遺伝子を受け継いだ兄弟姉妹間で25%。親子の間では、子供は両親双方の遺伝子を受け継いでいるのに二人の親は、 お互いに配偶者の遺伝子を持っていませんから、親子間で一致する可能性は極めて乏しく、それ以外の非血縁者では日本人に多い型の人で数百人に一人、 そうでなければ数万人に一人と、大変に希なために、個人の力ではドナーを見つけ出す方法がありません。

そのために、広く善意の方々にドナー登録をお願いし、予め白血球の型を調べておいて、登録患者との相互検索により適合する患者さんが見つかったときに、 骨髄液を提供していただくためのシステムが骨髄バンクです。

そのように、自分とLHA型が一致する患者さんがいるならば、骨髄液を提供してもよろしいという善意の人に、あらかじめ2ccの採血をして白血球の型の検査をし、 コンピュータデータとして登録しておき、適合する患者さんが現れるのをお待ちいただくわけです。

 有効ドナー登録者が30万人に、続いて骨髄移植実施件数が9,000例突破

1992年1月から募集を始めた骨髄バンクの有効ドナー登録者が、2008年1月15日に30万人となりました。また、1月23日には骨髄移植実施件数が、累計9,000例を突破しました。

ドナー登録者の延べ人数では37万5千人を超え、登録抹消になった7万5千人を除いた有効数が30万人です。抹消理由は、35%が年齢超過、 25%が候補者となって詳しく検査した結果医学的に不適格が判明、15%が転居先不明です。この結果、登録患者の93.5%に適合ドナー候補者が見つかるようになりました。

しかしながら、2007年一年間の骨髄移植実施は、999件であり、2千人台半ばの登録患者の半数に届いておりません。 そしてまた、9,000人の患者さんに骨髄移植の機会を提供できたとは言え、この間の累計患者登録数は24,106人であり、ドナーを得られず亡くなった患者さんの方がはるかに多いのです。

これは、適合したドナー登録者の全ての方がドナーとなっていただけるのではなく、大半はHLA型(白血球の型)が一致しても治療上骨髄液を提供していただくにはいかない、 医学的理由でご本人には患者救命の強い意思がおありでも、お引取り願うことがたいへん多いためです。

ほかには妊娠・出産・育児、ご本人がなにかの病気で治療中など、 やむをえない理由でご辞退される事例もあります。残念なことは、引越しされて通知をいただていないために、連絡がとれなくなった登録者もいることです。

せっかく候補者が見つかっても、5人以下の場合はその全員がやむを得ない理由で辞退されたり不適格であることもまれではなく、骨髄移植にいたる確率はきわめて低く、 患者さんはぬか喜びというかえってつらい結果となります。実情は、一人の患者さんが骨髄移植を受けるには10人以上の適合候補者がいなければ、一人のドナーさんを得られません。

 参考資料

2010年末前後(国により集計時に1ヶ月前後の差あり。中国の集計時不明)
国の名前ドナー登録者数さい帯血保存公開数国の人口
アメリカ 636万4千人18万8千件  2億8千     万人
ドイツ 405万5千人  1万     件       8千2百万人
イギリス   79万4千人  1万2千件       5千9百万人
中国   67万     人-13億             人
イスラエル   62万9千人      7千件            7百万人
日本   37万6千人  3万4千件  1億2千     万人
イタリア   33万1千人  2万3千件       5千8百万人
台湾   31万8千人  5万3千件       2千2百万人
カナダ   26万8千人-       3千     万人
フランス   18万7千人  1万1千件       6千     万人
オーストラリア、ニュージーランド   18万2千人  2万3千件       2千8百万人

親子間におけるHLA型継承モデル

親子間のHLA型継承モデルの図

父親が持つ一対の遺伝子、AとB、母親が持つ一対の遺伝子、CとD。

夫婦から生まれる子供に現れる一対の遺伝子のパターンは、AとC、AとD、BとC、BとD。

どのような遺伝子構成で生まれてくるかは、父母から受け継いで四通りの可能性がある。
だから一致する可能性は25%。四人の兄弟でばらばらかもしれない。二人の兄弟で同じかもしれない。

 骨髄バンク事業のあらまし

1.骨髄ドナー登録

ドナー登録を希望する人は、最寄の登録受付機関にて登録します。
日本赤十字社が運営する骨髄データセンターにドナーのLHA型が登録されます。

2.移植希望患者登録

骨髄移植を希望する患者さんで、肉親にHLA型の適合者がいない人(事前に肉親の検査をして、見つからなかったという人)は、主治医を通して、 公益財団法人日本骨髄バンクに登録します。
肉親の検査をしないで、いきなり骨髄バンクには登録できません。

3.ドナー検索

最終的にドナー登録者がドナーになれる可能性は2~3%で、患者が骨髄移植にこぎつけられる可能性は、通算で登録患者の三分の一です。 骨髄バンクがスタートして間もないころは、患者の登録数は現在と同じくらいいましたが、ドナー登録者は極めて少なく、適合者はなかなか得られませんでした。

ドナー登録者が30万人に迫りつつある現在は、患者の半数近くまで上昇していますが、これを通算すると三分の一で、三分の二の患者さんは、 骨髄バンクに登録してドナーを待ちながら間に合わずに亡くなっています。

4.ドナー指定/コーディネート開始依頼

検索されたドナー候補者について、コーディネートを開始するか不採用とするかの決定を患者さんの登録責任医師(主治医)が行います。

5.ドナー確認検査

ドナー候補者の適格性と提供の意思を確認後、採血(確認検査)を実施します。この時点でドナーのスクリーニング検査も実施し、ドナー候補者の健康状態の確認を行います。

6.ドナー選定

確認検査結果を受けて、ドナー候補者に関して採用(選定)/不採用の決定をします。
ドナー選定以降、患者やドナーの状況によってはコーディネートが途中の段階でも終了(ドナーにはなっていただかずお引取り願う)になることがあります。

患者側に起因する理由としては、複数のドナー候補者があり他の候補者にもっと適合性の高い人がいて、他の人に決めさせていただいた、 治療方針を変更した、などのことがあります。

ドナー候補者側の理由としては、最も多数なのは健康問題です。通常の健康診断ならば健康体だと太鼓判をおされる人でも、患者に骨髄液を提供していただいて良いかとなると、 血圧でも糖でも普通の健康診断よりはるかに厳しい基準で判定しますから、本人には健康に自信があってもたいへん多数の候補者が失格になります。

また、確認検査やコーディネートのための医療機関や立会う調整医師は、骨髄バンクの機関・骨髄バンクの職員ではないので、ドナー候補者のご都合も重視しますが、 骨髄バンクから委託している病院・医師のもともとの医療・診察業務との兼ね合いがあります。この日時の設定に手間取る候補者は、 他に順調にコーディネートの進む候補者がいる場合には、患者はドナーの決定を急いでいますから順調に進む人を優先し、最有力候補者とそれに次ぐ候補者が絞り込まれたならば、 日程の決らない候補者にはコーディネートの途中でも確認検査以前でもお引取りいただくことがあります。

7.最終同意

第1候補として採用(選定)されたドナー候補者に関して最終的な同意確認に向けて手続きを開始します。
総合判定(最終同意確認)では、ドナーご本人・ドナーのご家族の骨髄提供に関する意思確認および適格性の確認をします。

なお、総合判定には通常、最終同意面談より3日程度の時間を要します。最終同意面談の結果、 この段階に至ってからでもドナーになっていただくことはできないという判定(コーディネートの終了)がなされる事もあります。

8.移植準備と移植

選定ドナーの最終同意が確認された時点で、移植担当医師へ移植日に関する連絡をします。移植施設(患者と主治医) ・採取施設・決定したドナーそれぞれの都合にあわせて日程を決めます。

骨髄バンク事業のあらましについての説明は、以上

 骨髄バンクの沿革

昭和40年代後半
研究的に骨髄移植が開始される
昭和61年
北海道初の骨髄移植
昭和63年2月
「全国骨髄バンク早期実現を進める会」(全国骨髄バンク推進連絡協議会の前々身)が厚生大臣に陳情
昭和63年4月
関係する五つの学会(日本移植学会,日本血清学会など)が厚生大臣に要望書を提出
平成元年9月
北海道骨髄バンク推進協議会設立準備会
平成元年10月
名古屋において「東海骨髄バンク(民間の任意団体)」発足
平成2年1月
「骨髄移植の評価に関する研究班」発足(旧厚生省)
平成2年10月
北海道骨髄バンク推進協会創立
平成3年1月
旧厚生省公衆衛生審議会成人病難病対策部会に「骨髄移植対策専門委員会」を設置
平成3年9月
「全国骨髄バンク推進連絡協議会」が厚生大臣に公的骨髄バンクの早期設立に関し陳情
平成3年12月
財団法人骨髄移植推進財団設立認可
平成4年1月
日本赤十字社「骨髄データセンター」設置
ドナー登録の受付開始
北海道、東海、九州の民間骨髄バンクは、順次財団に統合
平成4年9月
骨髄移植推進財団のコーディネート開始
平成5年1月
日本骨髄バンクによる初骨髄移植実施
平成6年2月
日本骨髄バンクによる骨髄移植累計200例
平成7年5月
日本骨髄バンクによる骨髄移植累計400例
平成9年1月
日本骨髄バンクによる骨髄移植累計1,000例
平成10年8月
ドナー登録者数10万人達成
平成14年2月
ドナー登録者15万人突破
骨髄移植5,000例
平成16年11月
ドナー登録者が20万人を突破し、骨髄移植は、6,000例を達成しました。
平成19年1月
骨髄移植8,000例を突破。
平成20年1月
ドナー登録者30万人に、骨髄移植9,000例突破。
平成20年12月
骨髄移植10,000例突破、さい帯血移植5,000例突破。

 ページの先頭に戻る

ページ本文は、ここまで